HOW TO USE
ホーム > CA商友会について
CA商友会会長前田充紀

CA商友会の皆様へ

皆様ご健勝にてご活躍のことと存じます。
平成27年6月のCA商友会総会において、
会長に選任されました79回生の前田充紀と申します。
歴史あるCA商友会組織の重責を担う事の重大さを
身をもって感じています。
野村仁子前会長には、10年間のご労苦に感謝し、御礼申し上げます。

私はCA商友会の組織に関わって30年となります、CA商友会が創立100周年記念事業で商業祭を開催した年からです、79回生の同窓会を総務として初めて開催し、CA創立100年周年記念ゴルフ大会へ2組で参加したことが忘れられません。

戦後生まれの私がCAに入学したころは、女性の割合が3分の2になっていました、以降その割合は増加し現在は9割を超えています、CA商友会の今後の活動は女性を主体に考えていくことがとても重要となり、役員の構成も女性中心にお願いしてみましたが、子育て、介護にと、世代を問わず決まった時間が取りづらいようです。

新役員は、71回生から126回生までの幅広い世代で、無理なお願を引き受けて戴けたことは幸いであり心強く思います。
130年の歴史と伝統、第5代校長 市邨芳樹先生(初代CA商友会会長)の教えが卒業生(若き商士)に引き継がれ、母校CA興隆のための組織として継続した活動が出来るよう努力いたします。

新役員には、初めて商友会活動に携わる人もいます、会員の皆様へ阿吽の呼吸で対応出来ず、ご迷惑をお掛けすると思いますが、役員の若返りの中で若年層及び女性が参加できる活動に力点を置き一所懸命努めますので、倍旧のご理解ご協力をお願い申し上げます。
このCA商友会ドットコムを昨年のCA創立130周年記念事業の一環として、CA商友会ナビとして会員からのメッセージを会員間で活用できるように一新致しました。

「絆でつなぐ」CA商友会の組織活動を維持するため、いつ、どこからでも各同期会の開催案内ができるように致しましたので積極的に活用ください。

組織について
CA商友会の歴史